今だけの特別キャンペーンをお見逃しなく!!

残クレとカーリースの違いを分かりやすく比較してみました

最近若い人を中心に人気なのが残クレ。
残クレというのは、「残価設定型クレジット」と呼ばれるものです。
「残価設定ローン」などと呼ばれることもあります。

残クレ

初めに乗る期間を設定して、乗る分だけの費用を支払って安く車に乗ることができるシステムです。

以前はあまり馴染みのなかった残クレですが、長引く不況の影響なども受けて、ここ数年の間で残クレの人気が高まりをみせています。
トヨタや日産、ホンダ、ダイハツといった主要なメーカーもこぞって残クレでの購入を提案しています。

残クレは、乗る期間だけの料金を支払うので、当然期間が終了したら返却をしなければいけません。
もしくは残りの費用を支払って買い取りとなります。

こうして見ると、残価設定クレジットはコスモスマートビークルのようなカーリースと似ていますよね。

いったい何が違うの・・・?
このように疑問に思った人もいるかと思われます。

そこで、ここではカーリースと残クレの違いをまとめてみました。

 カーリースと残クレの違い

残クレとカーリースの違い

カーリースは、リース会社が車を購入してお客様に一定期間決まった料金で貸し出すシステムです。
残クレはお客様が乗る分だけの料金を支払って、返却するのを前提として購入するシステムです。

カーリスも残クレも、どちらも気軽に新車に乗れるという共通点があります。

 費用の内訳
両者の違いは、支払う費用の内訳です。

毎月の支払額を比較すると、残クレのほうが安くなります。
しかし、残クレには車検や税金、保険料などが含まれません。
これは別途自分で支払いをすることになります。

それに対してカーリースの場合は、毎月の支払い料金に車検や税金、保険料などが全て含まれているので突然の出費の心配がありません。

※コスモスマートビークルでは、ゴールドパックで契約をすればバッテリー交換やタイヤ交換、オイル交換、ワイパー交換などの消耗品のメンテナンスなどの費用も含まれます。

 期間満了時の選択
次に両者で異なるのは、期間満了時の選択肢です。

残クレの場合は、期間が満了したら車を返却するか、もしくは残りの料金を支払って買い取りをすることになります。

それに対してカーリースの場合は、返却をする他にも再リースという選択をすることも可能です。

※コスモスマートビークルの場合は、車を買い取ることも可能です。

▼コスモスマートビークルの無料見積もりはこちら▼

コメントを残す