今だけの特別キャンペーンをお見逃しなく!!

スマートビークルで法人税を節税

カーリースといえば、会社の車が一般的というイメージがありますよね。
実際に法人でカーリースを利用している会社は多いです。

これは何故かというと、節税効果が期待できるからなんですね。

スマートビークルの節税効果

たとえば、会社で使う車を購入したとします。
すると車の購入金額というのは、「資産」として扱われるんですね。
そのために税金が課せられることになります。

10万円以上の車両を購入した場合には、購入した車を減価償却資産として扱うことになります。
規定の耐用年数で減価償却を行って、減価償却された価格を必要経費として費用計上することになります。

 
それに対して、カーリースの場合は「資産」ではなくて「費用」として扱われます。
購入した場合とは違って、「資産」にはならないので節税効果が期待できます。

コスモスマートビークルの場合も、もちろん費用計上となるので法人税の節約が可能になります。

▼コスモスマートビークルの無料見積もりはこちら▼

コメントを残す