今だけの特別キャンペーンをお見逃しなく!!

カーリースの契約に関する知らないと怖いデメリットとは!?

初期費用がなくても気軽に新車に乗ることができるカーリース。
コスモ石油が提供するカーリースのコスモスマートビークルは、車検や税金、メンテナンス費用なども全て込み込みの月額プランで気軽に乗ることができる嬉しいサービスです。

しかし、そんなカーリースでも嬉しいことばかりではありません。
契約にはデメリットも存在するので、それもしっかりと把握しておく必要があります。

カーリースのデメリット

カーリースのデメリットとは?

 車両の所有者
カーリースで契約すると、車両の所有者はリース会社となります。
決められた期間はずっとその車に乗り続けることができるのですが、所有者はあくまでもリース会社なので所有権はありません。

 中途解約やキャンセル
カーリースで契約した場合、契約後に契約内容を変更したり、キャンセルすることはできません。
途中で気分が変わって、変更しようと思っても出来ないので、最初にしっかりと計画とプランを立ててから契約するようにしましょう。

 自然災害や事故
契約期間中に台風や大雨、地震などによる自然災害または事故や盗難などによって車が使用できなくなった場合には中途解約となります。
その場合は、未経過リース期間にかかるリース料の合計相当額と、残存価格の合計額から、リース料に含まれる費用のうちの未発生費用相当額を差し引いた額を中途解約金として一括で支払うことになります。

 契約満了時の注意点
契約満了時には、車を契約時の状態に復帰しておく必要があります。
車両に傷や凹みなどが合った場合は、修理代を負担しなくてはいけません。

これらのことをしっかりと考慮した上で契約するようにしてください。

▼コスモスマートビークルの無料見積もりはこちら▼

コメントを残す